活動報告

デマンド交通システム「チョイソコ」視察

2020.10.16

アイシン精機(株)が手がけるこのシステム、特に公共交通機関が網羅されていない地域で、住民の方の事前予約で時間内であれば乗降場所や経路を自由に変更できる交通システムです。
言わばコミュニティバスとタクシーのハイブリッドのようなもの。
刈谷駅にあるオペレーションセンターと実際に運行している豊明市にお邪魔しました。
◎住民のメリット
特に高齢者の外出の手助けをする
→外出促進で健康増進
→医療費の抑制
足ができるから安心して免許返納も
◎自治体のメリット
公共サービスが充実、魅力あるものに
→コミュニティバス等と共存し、さらなる
利便性向上と不採算の改善
が見込まれます。
プラスアルファの機能として、町中を走り回ることから、車内前方にカメラを設置し、走行中の揺れと併せて道路の異常を調べるシステムも搭載。
電車やバス等の公共交通機関やタクシーなどの既存の交通事業者と補い合うことで、さらなる潜在ユーザーを掘り起こすこともできそうです。
魅力あるまちづくりのインフラの一つとしてとても有意義な取り組み。
広げていければいいなと思います!

 

 


刈谷駅のオペレーションセンター
県内のみならず全国の配車を行っています。(鹿児島県でも)

 

 


豊明市役所前の停留所

 


今回の視察をコーディネート頂いた嶋口県議(中)とご同行頂いた松本県議(右)
ありがとうございました^_^

 


チョイソコバス車内 運転手はタクシー会社のドライバーさん。
バックミラー左手に道路の異常を検知するカメラを搭載

 


豊明市役所内ロビー
市内事業者から協賛を募って運行しているため、協賛会社を表示

 


利用料金は一律片道200円 キャッシュレスにも対応

活動報告