活動報告

農林水産委員会 県内調査 in 岡崎、安城

2020.10.22

①愛知県立農業大学校
②中央家畜保健衛生所
③鹿乗川排水機場

 

コロナの影響で、今年度はじめから控えてきた調査が再開。(委員会県外調査は今年度は無し)

 

①農業大学校は7月にも個人的にお邪魔しましたが、その時には設備しか無かった環境制御野菜ハウスに、青々とした立派なトマトが育っており何だか少し嬉しい気持ちに。

 

②中央家畜保健衛生所は、豚熱(旧名CFS 豚コレラ)などの家畜伝染病の検査や調査を行っています。
愛知県では昨年2月から47農場で豚熱が確認され、65,000頭余の豚が殺処分されました。
豚熱検査には、最新の血液検査装置が設置され、今話題のPCR検査も実施されています。
もちろん最近時々新聞にも掲載される野生イノシシの豚熱感染確認もこの衛生所で行っています。

 

③鹿乗川排水機場は安城市内矢作川沿いに位置し、大雨時には鹿乗川流域約4,300haの内水を矢作川に排水する重要な施設です。

 

排水量は20㎥/秒で、小学校の標準的な25mプールを約15秒で空にできる性能。
ただ、その排水ポンプに不具合があり、補修を含めた整備が必要とのこと。
百聞は一見に如かず、現地現物を基本として、個人的にも様々なところに出向いて、県政策提言に活かしていきます!!

 


県農業総合試験場と国の農研機構が共同で開発した日本ナシの新品種「愛知梨3号」を試食。酸味が少なくとても甘くて美味しい梨です。

 


農業大学校の野菜ハウス 最新設備が導入されて、実際に学生が学んでいます。

 


中央家畜保健衛生所 最新の血液検査装置 これにより豚熱検査スピードが劇的に上がりました。

 


愛知の新ブランド米「愛ひとつぶ」と農業大学校で飼育している名古屋コーチンの卵で作ったプリン。美味しくいただきました。ちなみに割り箸は県産間伐材スギで作った割り箸。

 


鹿乗川排水機場建屋内 ポンプは3台 豪雨災害時の生命財産を守る命綱です。

活動報告