活動報告

地方分権・道州制セミナー in Aichi Sky EXPO

2020.10.23

地方分権・道州制セミナー in Aichi Sky EXPOに参加しました。
講師は、中央大学副学長で法学部教授の磯崎氏。
2000年の地方分権一括法制定から数えれば、今年は分権改革20周年の節目。
分権改革とは、国と地方の上下関係を対等協力関係に位置づけた、まさに新しい関係の確立。
20年が経過し、地域のことは地域が主体で考える、地域事情を反映した特色ある政策を進める自治体も多くある反面、
・財政規模の違いや政策能力による地方間格差
・地方を縛る法令は過剰、過密の傾向
により、必ずしも自治体の自立性や自主性は拡大していないとのこと。
議論が下火な道州制や今話題の都構想も考えるべき地方分権のあり方の一つに違いありません。
1つ1つの政策制度課題の取り組みも重要ながら、さらに大局的な視点から地方自治を考える大切さを学びました。

 

 

 

 

 

 

活動報告