活動報告

11月定例愛知県議会議会 一般質問に登壇しました。

2020.12.02

11月定例愛知県議会議会 一般質問に登壇しました。

 

質問項目は
①コロナ禍での生活困窮者支援の取組強化
②県民の防災意識の向上を避難行動に繋げる取組
の2点。以下概要です。

 

【①について】
コロナ禍で、住居確保給付金や生活福祉資金貸付を受け取りながら、何とか生活を凌いでいる大勢の方が、今後、コロナ禍が長期化した場合、生活保護に陥る前の救済制度である生活困窮者自立支援事業を利用する可能性があります。
その身構えとして、生活困窮者を迅速かつ的確な支援に繋げる体制の整備を強く求めました。

 

【②について】
県の実施する南海トラフ地震、大規模風水害に対する県民の防災意識を高める「普及・啓発」事業が、有事の際に避難する行動にまで意識を高めているのか。
昨年の防災意識調査の分析評価に基づく今後の具体的な普及啓発事業ついて、もう一歩踏み込んだ県の主体的なメッセージの発信と取り組み強化を強く求めました。

 

年に1回しかできない貴重な機会。
問題意識に間違いはないと思いつつも、十分な議論ができたのか、もっと違う切り口で内容を高めることができたのではないか、、。
反省は尽きませんが、県当局からの答弁に基づく取り組みは今後しっかりチェックしていきたいと思います!!

 

活動報告