活動報告

オルタナティブスクール あいち惟の森  小学部中学部 視察 in名古屋市緑区 に地元選出の松本県議とお邪魔しました。

2020.12.17

オルタナティブスクールとは、既存の学校の枠組みにとらわれない「もうひとつの学校」(行政の認可の対象外)のことです。
不登校の子どもたちの選択肢(フリースクールなど)とは別に、独自の教育方針や理念を示し、共感してもらって通う積極的な選択肢として全国に広まりつつあります。
惟の森さんでは、「市民性を育てる」教育を軸に、持続可能な社会を目指し、その中で生き抜く人間力を養うカリキュラムを実践しています。
個人の基礎学習時間も当然ありますが、児童生徒みんなで学校をつくる「自治」を取り入れ、みんなで考える、つくる、感じることに多くの時間を割いています。
小学部は1〜3年の低学年と4〜6年の高学年のクラスに分かれており、今日午後からのカリキュラム「テーマ・スキル学習」では、人権についてワークショップ形式で学んでいました。
教育の選択肢が広がることは良いこと。
様々な教育環境で育つ子どもたちにとって、既存の学校の枠組みにいないという理由が進学や社会に出る壁やハードルとなってはならない、その障害があれば、それを解消することが教育行政のあるべき姿の一つだと思います。
子どもたちが元気に楽しく過ごす姿にこちらが元気をもらえた素晴らしい1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

活動報告