活動報告

愛知県 新型MIRAI(水素燃料電池車)出発式

2021.03.01

愛知県ではゼロエミッション加速化の取り組みを進めており、FCV「新型MIRAI」2台を公用車とし、本日の出発式はその取り組みの一環。
新型MIRAIは初代MIRAIよりも航続距離を延ばすため、高圧水素タンクを2本から3本に増やしています。(航続距離700km→850km)
ちなみに、その3本目のタンクは、私の出身会社豊田合成で生産されています。
ボディベースはレクサスLS。
空気中の酸素を取込み、充填された水素との反応で発電するしくみプラス、吸入した空気をキレイにして排出、つまり走れば走るほど空気を浄化する「マイナスエミッション」効果も。
インフラ整備、EV(電気自動車)市場との兼ね合いなど今後の課題はあるものの、次世代モビリティとして期待したいと思います。
また、ご存知の通り、昨日をもって愛知県に発出されていた緊急事態宣言を解除する旨が国において決定されました。
愛知県でもまだまだ油断できないということで、「厳重警戒宣言」を発出するとともに、3月1日から3月14日まで「愛知県厳重警戒措置」を実施する事が決定。
引き続き、県民一丸となって感染拡大の防止に取り組んでいきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

活動報告