活動報告

うなぎと抹茶

2022.04.05

健康と食、観光の調査に西尾市へ。
全国でも有名な一色うなぎ。
地元漁協と県で「大型雌うなぎ」の生産に成功。
重量は通常(200〜250g)のなんと2倍以上!
うなぎは通常のエサで育てるとほぼ雄になり、大きく育てすぎると身が固くなってしまいます。
ところが、性別が決まる前のシラスうなぎに大豆イソフラボンを加えたエサを与えると90%以上が雌になり、身も柔らかく育つとのこと。
(昨年11月に特許を取得)
まだ試験段階ですが、普通に流通する日も遠くないかもしれません。
続いて、西尾と言えば抹茶。
1888年創業老舗メーカー「あいや」さんへ。
実は60%を輸出していると聞きビックリ!
美容や健康で海外のニーズが高いとのこと。繊細な抹茶製造工程と品質管理の徹底にも驚かされました。
体験型博物館 抹茶ミュージアム「和く和く」は大人気で中々予約が取れないほどだそうですが、お近くにお寄り際はぜひ、おススメです。

 


上: 通常の雄うなぎ  下: 大型雌うなぎ

少し分かりにくいですが、かなり身厚です。

 


上: 通常の雄うなぎ  下: 大型雌うなぎ

 

 

 

 

 

活動報告