おぎそのブログ

道の駅 とよはし/東三河振興ビジョンの概要説明聴取 及び 施設調査

2019.08.01

国道23道沿いに今年の5月にオープンした食と農の魅力発信拠点「道の駅 とよはし」。
元々はJAの産直市場で年間45万人の集客だったのが、オープン2ヶ月ですでに来場者数40万人を突破しているとのこと。

まずは東三河の直近10年程の地域活性化の取り組みと今後の計画についてヒアリング。
その後、施設内をまわりながら、道の駅の地域おこしの起爆剤としての役割、仕掛け、コンセプトについてお聴きすることができました。

説明をする豊橋市役所の方もなんだか楽しそうなのが印象的でした。

例えば地元あま市七宝焼アートビレッジを道の駅スタイルにするなら、、なんて考えるのも面白いし楽しくないですか?

 

 

 

おぎそのブログ